본문 바로가기 사이트 메뉴 바로가기 주메뉴 바로가기

展示

観覧案内

  • 火∼金曜日09:00~18:00
  • 土・日・祝祭日09:00~19:00
  • 夜間開場
    (3月∼10月)
    毎週土曜日21:00まで開館
  • 休館日旧正月、秋夕
  • 情報064-720-8000

耽羅巡歴図室

twitter facebook print

島国、耽羅国

韓半島に高句麗・百済・新羅・伽倻という古代国家が成長していた時、済州島では島を意味する「耽たん」と国を意味する「羅ら」を合わせた「耽羅たんら国」という名前の国が建てられました。2世紀前後に済州島全域で同じ様式の土器が使われ、墳墓が築かれており、当時すでに島全体が同じ文化を共有し、強力な支配層が登場していたことがわかります。耽羅国後期には島という地理的特性を利用して百済・新羅・日本・唐と交流するなど海上活動を活発に展開し、国際的な力量をも高めていきました。