본문 바로가기 사이트 메뉴 바로가기 주메뉴 바로가기

展示

観覧案内

  • 火∼金曜日09:00~18:00
  • 土・日・祝祭日09:00~19:00
  • 夜間開場
    (3月∼10月)
    毎週土曜日21:00まで開館
  • 休館日旧正月、秋夕
  • 情報064-720-8000

朝鮮室

twitter facebook print

高麗時代の済州

918年に建国された高麗は耽羅国の存在を認めつつ、星主という爵位を与えて間接的に済州島を支配しました。その後、1105年に耽羅国は高麗の行政区域である「郡」に編入され「耽羅郡」となり、国としての地位を失うことになりました。1295年には「耽羅」という名前の代わりに、海の向こうの村という意味の「済州」に改名されました。高麗末の対蒙抗争期にはモンゴル軍の侵入に対抗した三別抄が抵抗を続けました。1273年、三別抄が麗蒙連合軍に敗れて抗争は終わり、済州島は元朝の耽羅総管府によって支配されました。