본문 바로가기 사이트 메뉴 바로가기 주메뉴 바로가기

展示

観覧案内

  • 火∼金曜日09:00~18:00
  • 土・日・祝祭日09:00~19:00
  • 夜間開場
    (3月∼10月)
    毎週土曜日21:00まで開館
  • 休館日旧正月、秋夕
  • 情報064-720-8000

高麗室

twitter facebook print

集落の発展と変化

済州島の青銅器文化は韓半島の中南部地域との継続的な交流によって形成され、発展しました。済州市の三陽洞と龍譚洞では、大勢の人が集団で暮らしていたことがわかる青銅器時代の大きな集落遺跡が発見されています。すなわち村の遺跡は平坦な丘陵地や海辺にあり、人の住む家は初めは地面を四角に掘った穴蔵だったのが徐々に丸い形に変わっていきました。青銅器時代の人々は無紋土器を作って使用し、貝類の殻を利用して装身具を作りました。また磨製石器を生活道具として使用し、特定の階層は青銅器を所有しました。